用語集
東京のダイビングスクールの当店でインストラクター養成講座も受講できます

マングローブ

マングローブとは海水と淡水が混ざり合う「汽水域」に生える植物の「総称」になります。
マングローブは主に熱帯域で見られますが、世界最北の天然マングローブは鹿児島県種子島になり、それより北に自然のマングローブはありません。

マングローブの最大の特徴は体を支えるための根にあり、その形状は種類により様々です。マングローブの根元ではカニやハゼなどが生息し、それらを捕食する哺乳類や鳥類が集まり、根が海水に浸かると幼魚や小さな生物の隠れ家となります。こうしてマングローブ特有の生態系が育まれてゆくのです。